いったいどこを向いて仕事をしているのか?

会社で新しいことにチャレンジしようとしても、あーだこーだと否定されてなかなか進まない。いったいどこを向いて仕事をしているのか?と感じてしまうことが。上司のご機嫌とり?現場の意見が大事?大事なのはお客様ではないのでしょうか。

自分の会社にある提案をしてみたら・・・

先日自分が勤めている会社にある提案をしてみたところ、思わぬ反応が返ってきました。

私の会社は自社独自の製品やサービスを持たない専門商社で、単純にモノを仕入れて売るビジネスです。現状はリレーション営業に頼っており、昔からのお付き合いでの取り引きがほとんど。特にこれといった明確な差別化ポイントが分からないまま商売をしていました。

そこで今後の生き残りのため新しい差別化ポイントを作るべく新サービスを作ろうと会社に提案してみました。もちろん提案内容には具体的な取り組みと数字のコミットを盛り込みました。

すると役員たちは提案内容に対し、いま行っている本業はどうするのか?営業たちはどうするのか?現場からネガティブな意見がでるのではないか?などといった中途半端な反応がかえってきました。自社サービスを構築して競合他社と差別化を図らなければ今後の生き残りが難しいという点は同意してもらえましたが、議論がその先に進みません。

ただ単に面倒なだけ

前例がない、いまやっていることと違うというだけで拒否されるケースって多いと思います。前例がないっていうだけで新しいことを拒否するのはもったいない。「前例がない」っていうのは「新しいことは面倒」「仕事が増えてしまうから嫌だ」という言葉を置き換えているだけです。

お客様が何を求めているのか、どうやったら売上が上がるのか。本質的な議論が必要です。新しいことが面倒だと言い出したら新しいことは何も出来ません。

「仕事の目線」が内向き

新しいことが面倒だと言う人は仕事の目線が外に向いていません。売上はお客様からの注文で成り立っています。その注文は外から来るのです。今までのビジネスにしがみついて会社の内側でごちゃごちゃ言っていても無意味です。

私たちは誰を見て仕事をするべきなのでしょうか。それはお客様です。つまり会社の外側です。言われてみれば当たり前の話ですがどうしても忘れてしまいがちです。「お客様を見て仕事をする」というのは単純に「お客様を大事にする」とか「おもてなし」などという意味ではありません。

お客様から注文をもらうにはどうしたらよいか?お客様に選ばれるためにはどんな打ち手があるのか?お客様の認知度を高めるためにはどうするのか?ということを論理的に考えることが必要です。大事にするという漠然とした気持ちの問題ではありません。

お客様のために新しいことにチャレンジする

ビジネスはお客様ありき。お客様は常に新しいものを求めています。今まで見たこともないようなものにこそ価値があるのではないでしょうか。だからこそ新しいことにチャレンジする、新しい商品を生み出す、新しいアイデアを形にする。

人は現状維持バイアスがはたらいてしまい、なかなか変わることができません。だから会社の中には私たちの新しいアイデアを否定する人たちも多いことでしょう。そういった壁を乗り越えた先にお客様からの信頼がありお客様の喜ぶ姿があるのです。