アンダーマイニング効果とは?給料アップでやる気なくなる!?

趣味を仕事にするのは難しい

趣味を持っているひとは多いかと思いますが、趣味を仕事にしているひとは少ないのではないでしょうか。

例えばあなたはアウトドアが趣味でよくキャンプをしているとします。趣味でキャンプに行く分には自分の好きなようにやれば良いのです。そしてキャンプの様子を動画共有サイトやSNSなどで発信するようになり注目されるようになります。だんだんキャンプに関する仕事が舞い込むようになり、いつの間にかキャンプをすることが仕事になってしまいます。キャンプをすることで報酬がもらえるようになると、以前のように純粋に趣味として報酬をもらわずにキャンプをすることが無駄に思えてしまうかもしれません。

もともと自発的に楽しくおこなっていたことが、報酬をもらってしまうといつしか報酬なしではやる気が起きなくなってしまう心理的な現象、これが「アンダーマイニング効果」です。

動機は2種類

ひとがなにかアクションを起こすときの動機は2種類あります。

外発的動機

自分の外部から与えられる報酬による動機付けのことです。ほめられる、特別ボーナスなどの金銭的な報酬をもらうということです。逆に悪いことをしたら罰せられるというのも外発的動機です。

内発的動機

自分の内部から自発的に起こる動機付けのことです。プライベートで取り組んでいる趣味、例えば釣りやスポーツ、読書や映画鑑賞などは内発的動機によるものですね。仕事においても自分が興味を持ち仕事に面白みを感じて意欲が高まるというのが内発的動機です。

アンダーマイニング効果はなぜ起きる?

アンダーマイニング効果は、内発的動機で意欲的に取り組んでいたのに外部から報酬をもらったことでいつの間にか外発的動機に変わってしまいいつしか取り組む意欲が下がってしまうことですが、なぜアンダーマイニング効果が起こってしまうのでしょうか。

外発的動機とはひとから報酬というにんじんをぶら下げられる状態なので自己決定感が失われてしまいます。ひとは誰でも他人から指図されることを嫌がるもの。自分自身の意思で自分の行動を決定しているという感覚が行動へのモチベーションを高めるのです。自己決定感が失われてしまうともともと高かった意欲が次第に失われてしまうのです。これがアンダーマイニング効果のメカニズムなのです。

外発的動機=報酬そのものがやる気を無くさせるというよりも、報酬をちらつかせることで自発的に取り組んでいるという感覚が薄れてしまい主体性がなくなってしまうんですね。罰を与えられる、他人に期限を決められる、競争なども同じです。これらすべてに共通するのは「他人にコントロールされる」ということです。

どうやって部下のやる気を引き出すか?

外発的動機はそれ自体悪いものではありません。そもそも内発的動機がなくモチベーションの低いメンバーにはまず外発的動機でやる気を引き出さなければなりません。与えられた目標を達成できればほめて報酬を与えます。部下の行動や目標も細かく管理して部下の達成を最大限サポートします。部下が小さな成功体験を重ねるとだんだん自信を持つようになっていくでしょう。自信が出てくるとやりがいを感じて自発的に取り組むようになります。つまり内発的動機によって意欲が高まります。最初は効果があった外発的動機もだんだん慣れてしまい内発的動機を呼び起こさなければ意欲が上がらなくなってしまいます。

内発的動機によって意欲が高まるようになったら部下の行動をあまり細かく監視したりチェックしたりせず、どうやって仕事をするかは部下に任せるようにします。せっかく内発的動機によって高まった意欲が下がってしまわないように注意しましょう。部下のやる気を引き出すポイントは、いかにしてやらされ感を感じさせないようにするかです。誰でも自分の行動をあまりにこと細かに管理されたくはないもの。自分で行動できるようになったら部下の自主性に任せましょう。

部下の意欲が出てきたら上司からの外発的動機をうまくコントロールすることで維持するように心掛けましょう。部下に「任せる」と「放任」を履き違える上司をたびたび見てきましたが、外発的動機をうまく刺激するのは上司の腕の見せ所。外発的動機はそれ自体が悪なのではなく部下が自己決定感を失ってしまうことが悪なのです。つまり自己決定感を失わないように注意して外発的動機を促します。例えば部下の行動を日常的に観察し成果をきちんと評価すること。これは人事考課における評価だけでなく日ごろのちょっとしたことで具体的にほめることが大事です。そしてチームへの貢献など様々な場面で部下に感謝のことばを伝えます。そうすることで部下は自分のことを上司がきちんと見て評価していると感じ、自分で意思決定したことを評価されることで内発的動機が高まります。外発的動機をうまくつかうことで内発的動機を高めることができるのです。